デリカで富士ヶ嶺オフロードを走破!

4+

デリカD5の動画、走行シーンはページ1番下です。

前日の雨を忘れるオフロード日和


前日は大雨だったので、このコースが、どんだけ泥まみれになっているのか心配していたけど、富士ヶ嶺オフロードコースは、火山灰の積もった溶岩の細かい砂利と言うか、自分でも何を言ってるのか分からなくなってきたが、普通の土ではないので何しろ全体的に水捌けが良い。

アットホームな受付


7時半ごろ到着し、8時開場には少し早いので入り口で写真を撮っていると、洗濯物を干していたおばちゃんに声を掛けられ、そのまま受付を済ませた。このコースはいったんお金を払うと、当日は出入り自由でコンビニに行ったり、お昼を食べに行くのも好きにしていいとの事。
今まで重大な事故が起こった事が無いのか、堅苦しい誓約書(自己責任)も無く、非常に緩い感じ。

誰もいないはずのコースに聞き覚えのあるエンジン音


8時前だけど入っていいと言うので、コースイン。想像以上のオフロードコースと景色に満足し、まずは、一番お手軽な林間コース(まさに林の中を走り抜けるイメージ)を走りながら、自然に溶けこむデリカを撮っていたら、誰もいないはずのコースに聞き覚えのあるエンジン音が。俺はここに来ることを予告して、あわよくばこのコースで赤の他人の誰かと合流して一緒にコースを走ったり撮影会でも出来れば最高だと思っていたけど、そのまさかが起きたと、察した。

イニDの高橋兄弟か!?


颯爽と登場したその車は俺のデリカと全く同じ前期型のジャスパー、色も同じ深緑だ。しかし車は同じでも運転席と助手席に座っているのは俺と真逆で若い爽やか風イケメンでびっくり😳
いやいや、デリカよりアルファードかベルファイヤ乗ってる方が似合うだろって決めつけたくなる程。

ほぅ、思いきりのいいパイロットだな。 by ランバ・ラル


さっそく走行シーンを撮影したんだけど、モーグルでリアバンパーを擦ってしまい、二台とも同じ箇所を擦ってしまった。動画でも、その時の擦った音がはいっています。ただし、オフロードコースを走るという事は、多少の擦り傷は男の勲章みたいなもので、お互い気にせず何度も走ってしまった。


ウソ😨
ナンバープレートが曲がってると知った時はちょっとショックだった😱

四駆の三菱を体感


『こんなところを走れるミニバンはデリカだけ』
モーグルやバンク等なかなかの非日常がたまらない。とくに急斜面をASC効かせまくりで駆け上がるのが快感でやみつきになる。

絶壁を登った頂上付近


思いっきり寝ぐせ付けて、うだつが上がらないおっさんが俺ですわw
もうね、おまけに猫背でどうしようもないね😫

全く想像していなかったような彼らに会って、若いのにしっかりしてるし、いろいろ衝撃的で写真なんて全然撮れず、俺が撮ったのは動画ばかり。
だから、ここに載せているほとんどの写真は、彼らが撮影してくれたもの。本当にありがとう。
いやでもね、動画の撮影を考え始めると写真撮影を両立させるの難しいんですよ…と言ってみる。

いつの間にか車に夢中になっていた頃のように

自分が彼らの同じ年の頃、どんなカーライフを過ごしていたのか重ねながら最高の時間が過ごせた。そして趣味が同じだと、親子ほど年が離れているのに、不思議と車に夢中になっていた頃に戻っていて、同年代になったようだった。
来てくれて本当にありがとう。
またどこかで一緒に走りましょう!

富士ヶ嶺オフロードをデリカD5で走破

ノーマルで走れると言われる富士ヶ嶺オフロードの外周コースを動画にしました。モーグルでは片輪が浮いてもロックしながら進む様子がよく分かります。動画中盤のヒルクライムは圧巻で、トラクションコントロールを利かせまくってアクセルベタ踏みです。こういう坂登りはやみつきになりますね😁
まさに四駆の三菱を体感できた1日でした。
ご視聴ありがとうございました。
励みになりますので、高評価&チャンネル登録をお願い致します
m(__)m

4+

関連記事一覧

クリーンディーゼルCV1W

ヴォクシーからデリカD5に乗り換えると、細かいところでツッコミどころ満載ですが、それを上回る満足感がデリカにはあります。気になっている方は、まず試乗をお薦めします。ドライバーが楽しめるミニバン、それがデリカです!

最近の記事

  1. 2022.08.27

    林道の罠だ😫
  2. 2022.08.20

    林道大鹿倉線
  3. 2022.08.17

    林道六本木線

デリカD:5 JASPER

デリカD:5 JASPER

PAGE TOP