デリカD5、フル乗車について

0

初めて6人乗ってロングドライブ


6人乗って614㎞一気乗り。朝5時半に出発して帰宅したのが夜10時半。
千葉~華厳の滝~日光東照宮~那須高原~千葉
デリカD5ジャスパーは8人乗りですが、各列に2人ずつ合計6人というのが現実的なところかなと思っています。『いざっていう時は8人分のシートベルトがあるよっ』というくらいで。
ただし、6人でドライブする時は『3列目シートを後方まで目いっぱいスライドさせないといけない』
そりゃそうだろう、と思うかもしれないけど…

デリカD5の3列目シートには基準位置がある


3列目シートは使わない時に折り畳んで跳ね上げる事が出来るようになっているんだけど、その跳ね上げる事が出来る位置を『基準位置』と勝手に呼ぶとして、基準位置がかなり前なので、というかほぼ全快で前位置。いざ3列目を長時間移動に使おうとすると厄介だ。それは普段3列目シートを使っていない事が多いので自然とシートは基準位置で跳ね上げて折り畳んでいるか、基準位置で背もたれだけ前に倒し、ラゲッジスペースには何かしらのモノが置いてある。そこへ急に3列目を使いたいとなった場合、1時間くらいまでの乗車時間ならば3列目シートを基準位置のままにして『しばらく足元が狭いけど我慢してもらう』事でいいんだけど、長時間使う場合、ラゲッジスペースの荷物を家に保管するなどして、3列目シートを目いっぱい後方にスライド出来るようにしなければいけない。なにしろ3列目シートを目いっぱい後方へスライドするとラゲッジスペースには何も置けないので。

ちょっとした荷物を家に置く事を怠った結果w


男性はみんな身長180㎝で3人、女性は平均的なのが3人。
ラゲッジスペースにちょいモノありの状態で出発してしまった。こりゃもう大変でしたわ💦
1列目に男2人、2列目に女2人、3列目に男女という配分になったのだけど、3列目の足元が『基準位置』のままだったので窮屈という事で2列目をちょい前にスライド、そうすると1列目の運転席(俺)はドライバーという大義名分で、いつも通り全快に下げて足元を確保w しかし助手席はちょっと前に。
その結果、『一番リラックスできるであろう助手席に座った180㎝の男がババを引いてしまった。』足元が窮屈なうえに背もたれをガッツリ倒せる訳でもなく😱😱😱
という事で3列目シートに人が乗って長時間ドライブする時は、ラゲッジスペースを完全に空っぽにする事をお奨めします。
180㎝の身長の男が助手席でゆったり乗るには、シートを前にスライドする余地は微塵もありませんw

このままだと悲惨なドライブを想像されてしまいますが…

助手席がババを引いたといっても、起きてる時はまだいいんですよ。問題は疲れて寝たいときに窮屈そうだったなぁというレベルです。
2列目も3列目に遠慮して背もたれを起こし気味にしてたし、そうなると3列目が一番ゆったり快適だったんじゃね?と思いがちですが、クタクタになって家に帰ってきた時に3列目が俺に言った一言が『やっぱり3列目は車酔いしやすいかも』😨 少し車酔い気味だったそうです。
3列目シートに人を乗せて長時間ドライブは、『ラゲッジスペースを空っぽにして3列目を全快で後方へ』この一択です。3列目の車酔いしやすい感はどうにもできませんから、そこは車酔いに強い人に座ってもらって、せめて全列の足元を確保できれば、皆快適になります。3列目を全快で後方へスライドさせれば全列の足元を広々と余裕でキープできます。
でも今回のドライブは高速代をケチって全線一般道で強行してしまったので、俺が一番疲れたかも。
往復ケチると1万以上浮くんで、全員の食事代2回分なんですもの…(´・_・`)

0

関連記事一覧

クリーンディーゼルCV1W

ヴォクシーからデリカD5に乗り換えると、細かいところでツッコミどころ満載ですが、それを上回る満足感がデリカにはあります。気になっている方は、まず試乗をお薦めします。ドライバーが楽しめるミニバン、それがデリカです!

最近の記事

  1. 2022.08.27

    林道の罠だ😫
  2. 2022.08.20

    林道大鹿倉線
  3. 2022.08.17

    林道六本木線

デリカD:5 JASPER

デリカD:5 JASPER

PAGE TOP