デリカならタイヤが隠れる水深でも余裕

2+

デリカの水深走破性能

そういえば、この前開催された『デリカファンミーティング@袖ケ浦』で、増岡さんがトークショーをしたんだけど、その時に『デリカはタイヤが見えなくなる位の水深なら走れます』って言ってた。
この走れるという意味には水流は考慮されていないし、オフレコ風だったことも付け加えておきます。

デリカはエアインテークがエンジンルーム内の高いところにあるうえに、エアダクトがUの字のように、いったん下がって上がるから水がエンジン内部に侵入しにくいんだとか。

新型デリカD5のトークショーで言ってたから、もはや前期型となったデリカD5に当てはまるのかどうか、分かりませんが。でもこの動画では前期型デリカD5がバシャバシャ川に入っていって、まさにそれを実証しています。エンジンも心配だけど、この位の時間ならドアの隙間から室内に浸水しないんだろうか。


2+

関連記事一覧

クリーンディーゼルCV1W

ヴォクシーからデリカD5に乗り換えると、細かいところでツッコミどころ満載ですが、それを上回る満足感がデリカにはあります。気になっている方は、まず試乗をお薦めします。ドライバーが楽しめるミニバン、それがデリカです!

最近の記事

  1. 2022.05.6

    奇跡の一本松

デリカD:5 JASPER

デリカD:5 JASPER

PAGE TOP